Teleport EP

Tracklist :

01.System Error Id 32
02.Blast Off
03.In Space
04.Teleport (feat. Xlii, Zitface Clone) [Dirty]
05.You Told Me
06.Your Dreams
07.Teleport (feat. Zitface Clone) [Chemist Edit]
08.Teleport (Funky Beetle Remix)

Artwork by Justin Sereni
Release Date: 02/26/2011
Catalog Number: IND-001
Duration: 00:23:32
Mastered by XLII at the FUBAR cave /Tokyo

 

 

Available on

apple itunes icon Teleport EPjunoicon Teleport EPicon amazon Teleport EPBandcamp icon Teleport EPwasabeat vertical large color bigger Teleport EP

Itunes | Juno || Amazon | Bandcamp | Wasabeat and more.


 

Inductive Goes From Phantom to Star Burst Collision With the Launch of the Label`s First Release; Teleport EP

January 30th,2011 (Tokyo, Japan)

The Tokyo based music label Inductive will release their first project, the Teleport EP.
Inductive embarks on a mission to globally advance listeners` music experience by combining eccentric lyrics with esoteric sounds.
Bearing this mission in mind, Inductive unleashed the Teleport EP which is a futuristic fusion of electro hip-hop resonance, as the vanguard to advance the label`s galactic domination.
The Teleport EP is comprised of 7 tracks. The theme of the EP is a journey into the future of sound and lyrics thru space. Audace deliberately crafts each track as a progression in teleported space travel.

He says ‘I want to take the listeners from ground zero and beam them out through the vastness of the intergalactic‘. He goes on to say ‘Each track is a phase of the journey which is represented by the title of the track. Each track was methodically planned and place to keep the listeners plugged into the theme and advancing into the depths of the unknown‘.

From the intro the Teleport EP wires the listeners up for a break from the norm. Audace blends the the Teleport EP with edgy space sonic sounds accompanied by down tempo `orbital lounge` music.

In addition he splashes the title tracks with sith twisting mayhem courtesy Xlii and Chiba Chemist aka Zitface Clone. He concludes the Teleport EP with an astro-funk club hopping track.

 

爆発的星形成のごとく突如亜空間より現れし新レーベル「Inductive」の初リリース:「Teleport EP

 

2011年2月19日、東京に拠点を置く音楽レーベル「Inductive」が初プロジェクト「Teleport EP」をリリースする。

 

Inductiveは型破りなリリックと奥深いサウンドを組み合わせることによって、音楽体験そのものを進化させることを目的としている。
このミッションを念頭に置いてレーベルとしての野望達成の先駆けとなるべくリリースされたTeleport EPは、エレクトロとヒップホップという二つの異なる音楽を共鳴させ、融合した異色の未来型サウンドを提供している。

7つのトラックから成る「Teleport EP」のテーマは、「音とリリックの未来への時空の旅」である。プロデューサーのAudace氏は持ち前の緻密な制作技術を駆使し、一つ一つのトラックを、タイトル通り瞬間移動で宇宙空間を旅してゆく過程を表現するように作り上げた。
本人の談によると、「聴く人の意識を浮揚させ、粒子ビームに乗せて広大な銀河に向けて放射したい」との事。Audaceはトラックについて続けて次のように語った。「全てのトラックは、曲名通り光速の旅の段階を象徴しているんだ。未知なる深淵へ徐々に導かれてゆくような構成を目指して曲を制作して、EPの中での位置づけを行った。」

実際「Teleport EP」は、イントロからいきなり「通常」をはるかに逸脱している。さらに聴き進めると、前衛的な宇宙音とダウンテンポな「惑星軌道ラウンジ・ミュージック」を巧みに織り交ぜたAudaceのトラックに引き込まれてゆく。タイトルトラックである「Teleport」にはXliiとChiba Chemist a.k.a. Zitface Cloneのドープすぎるリリックが加わり、最後にフロア志向のアストロ・ファンクなトラックで完結する

Teleport EP cover artwork3 590x590 Teleport EP

One Response to “Teleport EP”

  1. Hank Mcmikle says:

    WONDERFUL Post.thanks for share..extra wait .. …

Leave a Reply